読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鉄分補給

毎日鉄分補給。Feの方ではなく。

KATO 683系サンダーバード(リニューアル編成) 入線

久しぶりの更新、だいぶ放置してました。

昨年の終わり頃からイマイチ撮影意欲が湧かず、模型の入線も特にない。平日の仕事の疲れで休日は寝てばっかり。書くことがない。

さらに悪いことにカシオペアクルーズや583系回送もうっかり忘れて撮り逃す。不貞腐れてヤル気を失う。

というわけで1月はウダウダ過ごしてました。なんと勿体無い…orz

 

まぁ終わったことはしゃーない。

気を取り直して、今年最初の入線整備です。

 

f:id:tetsubun999:20170130034404j:image

683系サンダーバードのリニューアル編成。基本+増結の9両編成の入線です。増結編成用の動力ユニットも一緒に。

 

f:id:tetsubun999:20170130034505j:image

リニューアルに合わせて塗装も黒を基調としたラインカラーに変わりました。

 

f:id:tetsubun999:20170130034601j:image

エンブレムもリニューアル。

綺麗な印刷です。問題なし。

 

f:id:tetsubun999:20170130034706j:image

ライトは明るい電球色LED。

ユーザー取付パーツはアンテナとベンチレータだけ。簡単です。

 

f:id:tetsubun999:20170130081918j:image

オプションの動力ユニットは増結編成の8号車に組み込みます。右下のパーツはライトユニットで、デフォルトではライトユニットが入っていない7号車に組み込み、増結編成単独での運転もできるようになります。

 

 

KATO製車両は「基本的な」入線整備は楽でいいですが、一つ手間なのが…

 

f:id:tetsubun999:20170131122246j:image

編成間の連結面。KATO標準のKATOカプラーだと連結間隔が広すぎる!これはちょっと格好悪い…

なので当方所有のKATO製車両で併結運用する車両は、TNカプラー化を進めています。

当然683系も対象。実車も3連から12連まで増解結しまくってますからね。連結器には拘らねばなりませぬ。

 

f:id:tetsubun999:20170131122316j:image

加工はシンプルですが当然自己責任、しかも後戻りはできません。KATOカプラーを台座ごとカットし、TNカプラーを両面テープで固定。接着剤を使わないのは微調整のためです。

 

f:id:tetsubun999:20170131122409j:image

連結してみると……ちょっとこれは近すぎか(・_・;

 

f:id:tetsubun999:20170131122513j:image

微調整。まぁ間隔はこれくらいですかね。すでにTN化済みの旧塗装編成の方も調整します。

 

f:id:tetsubun999:20170201025801j:image

上から見てみます。上がKATOカプラー、下がTNカプラー同士の連結です。けっこう違いますね。

 

f:id:tetsubun999:20170201025552j:image

右はTN化、左がKATOカプラーのままの車両。

実車通り電連2段の連結器にしているためリアリティ十分!やはりTN化して正解です♪

 

残りの先頭車両もTN化を済ませたら、改めて入線させましょう。