読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鉄分補給

毎日鉄分補給。Feの方ではなく。

入線整備 TOMIX EF510-515

だいぶ前に入手したTOMIXさよなら北斗星。その機関車をようやく入線整備しました。

 

TOMIXは細かいパーツが多すぎるし、うまくパーツを切り離したりしないとヒドイ有様になるので、なかなか踏ん切りがつかないと言うか、ついつい後回しにしてしまいます。

ナンバープレートの切り離しとかすごく緊張します。薄刃ニッパーやデザインナイフを併用して何とか切断してますが、疲れる…

その点KATOはパーツも少ないし、取り付けもし易いので良いですね。TOMIXはもう少しユーザーの手間を考えて頂きたい。そーゆーのが設計者の腕の見せ所だと思うのですがねぇ。

 

愚痴はこの辺にして…

ナンバーや手摺を取り付けました。

 

 f:id:tetsubun999:20160914145114j:image

さよならセットのEF510は、側面に「がんばろう東北」のエンブレムが貼ってある仕様で、単品で販売されているものとは異なります。

 

 

 f:id:tetsubun999:20160914145046j:image

上り最終北斗星を牽引したEF510-515号機、ようやく入線。

 

 さよならセットのEF510は、最初から電球色で明るいLEDライトが装備されてます。限定品だけでなく他の車両にも装備して欲しいんだけどな…コストなんて大して変わんないだろうし。

 

 

f:id:tetsubun999:20160914193105j:image

通常品のEF510はご覧の通りビミョーな色の暗いLED。亡霊の如くぼんやりと光ります…

 

 

f:id:tetsubun999:20160914193238j:image

みっともないので上の写真のようにLED交換を進めています。

KATOの機関車のライトは凄く明るいんですがね。この差は何なんでしょう。

 

 

現在入線しているEF510は、1、508、510、512、513、515号機の計6両。

これに514号機が加われば、北斗星晩年の牽引機がそろいます。

514号機用にもう1両欲しいですが、単品販売されてないんですよねー

 

バラ売りの入手するしかないか。高いけど…